gifu-labo.comは岐阜の魅力的な情報を発信する、岐阜限定の情報発信サイトです

その”風土”に合った、より”地域”に溶け合う家づくりを考案する丸設計室

2018/03/22

  • ピックアップ

その”風土”に合った、より”地域”に溶け合う家づくりを考案する丸設計室

気候・風土に合った家づくりとは?

  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • thumb00
  • thumb01
  • thumb02
  • thumb03
  • thumb04

—–岐阜の魅力ある会社をご紹介!あなたにもっと岐阜を好きになってほしいから。岐阜の魅力を研究・発信する会社岐阜ラボ! —–

 

みなさん、こんにちは。

岐阜ラボライターの高井です!

 

今回は気候風土に溶け込むような家づくりを目指し、常に新しいことに挑戦されている岐阜県高山市の「丸設計室」さんにインタビューさせていただきました!

 

―代表の丸田さんが「丸設計室」を始めたきっかけを教えてください。

「実を言うと、高校生の頃はこの仕事に就くつもりはなかったんです(笑)だからこういう家を建てたいんだ!というような思い入れが最初からあったわけではなくて、高校を卒業して、そのまま工務店に就職して、そこから2級建築士の資格をとって、だんだんと建築士としての楽しさが分かってきたんです。そして、欲が出てきたというか、1級建築士の資格を取りたいんだ!と思って勉強していくうちに、“自分が建てたい家”というものが出てきたんです。目標とする家づくりが最初にあってそれを実現させていくというよりも、この仕事をやっていくうちに家づくりへの楽しさを実感していって、今に至ったという感じがしますね。」

 

―丸設計室さんの強みとはズバリ何でしょうか?

「丸設計室が設計と施工を一貫して行っていくので、僕自身の思いと現場のズレが少ないということですね。」

 

―丸設計室さんは飛騨地域の特有の伝統的な工法を採用されて家づくりをされていますよね?

「うーん、伝統的な工法というよりか、『家って根本的に何なんだ?』って考えたときに、地域や風土、景色に溶け込んでいる家のほうが個人的に“いい家”だと思うんですね。あと、最近流行っているような、温かさや涼しさなどの快適性を追い求めていく家は、結局、住んでいる人たちの家に対する思い入れが薄くなっていってしまうと僕は思うんですよ。逆説的なんですが、“多少の不自由があるからこそ建物も愛せる”わけで、それが相まっていくことで、建物への思いが強くなっていくと思うんです。だから、伝統的な工法が先にあって今の形ができたわけではなくて、“どうしてこの地域の家はこういう形になったのか?”を突き詰めるために、飛騨地域界隈の建物を調査しながら、自分なりに分析していった結果がこういう工法になっていったんです。」

 

―丸田さんがこのお仕事をされていて嬉しいと思う瞬間はどういう時ですか?

「やはり『ありがとう』と言われると嬉しいですね。また、自分がこだわって作った家が大事にされているのを見ると作ったかいがあったなーって思いますね。例えば、丁寧に掃除されているのを見るだけでも嬉しいし、自分が思ってもいなかったインテリアとかが置かれているのも嬉しいし。僕的には、家って建てたら終わりではなくて、潰れるまでが家であって、その過程を作り手が見ていけるのは嬉しいと思いますね。」

 

―丸設計室さんとして大切にされていることは何ですかね?

「先ほども言いましたが、丸設計室としては“気候風土に合った家づくり”をしていくことです。家の形は風土によって決まってくるものだと思っているので、風が強い地域とか雪が多い地域とか、その地域によって、家の形は微妙に違うんです。だから丸設計室は飛騨地域で家を建てている会社なので、必然的に古い街並みの建物へと近づいてくるわけです。これが岐阜市の市街地とでは工法も建材も考え方も大きく違ってくるようになります。あとは、アッパークラスすぎる家は作りたくないですね。とはいっても、市販建材ばっかりで建てることも求めているわけではなくて、なるべく地元建材を使い作るようにしています。私は、建物の素材についても、昔からあるものがきっと良いものだと思っているので、土・木を使用していき、その利点と欠点を補いながら、現代の人間の暮らし方に少しでも近づけていくような家づくりにこだわっています。」

 

―最後に将来の展望についてお伺いしました。

「僕は今38歳なんですが、家づくりって自分の年やその時代によって価値観が変わってくるものなので、その時その時に合わせたものを作っていきたいですね。現在の自分の考え方に凝り固まるのではなく、あくまでも客観的な視点を持ちつつ家づくりを今後もおこなっていきたいです。僕は、真剣に取り組みつつも、そのなかにちょっとした遊び心を入れた家づくりが大事だと思っています。というのも、そこからなにか新しいことが生まれて、さらに新しい価値観を生むことができると思っているので、それをやっていきたいです。」

 

気候風土を考えた家づくりをしている「丸設計室」さん。

あなたも岐阜県高山市にある「丸設計室」で新しい住宅を建てませんか?

 

—–あなたの会社も岐阜ラボに取材させていただけませんか?岐阜の魅力ある会社さんは岐阜ラボのライターがどこへでも飛んでいき取材させていただきます!—–

岐阜ラボ取材対応エリア 岐阜全域

岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、下呂市、海津市、郡上市、羽島郡、岐南町、笠松町、養老郡、養老町、不破郡、垂井町、関ケ原町、安八郡、神戸町、輪之内町、安八町、揖斐郡、揖斐川町、大野町、池田町、本巣郡、北方町、加茂郡、坂祝町、富加町、川辺町、七宗町、八百津町、白川町、東白川村、可児郡、御嵩町             

 

—–岐阜ラボの運営会社をご紹介!

ホームページってどうやって運用するの?

WEBコンサルティングって何?

SEO対策で売り上げが変わるってホント?

そんなことを知りたい方はT-laboにお問い合わせください!

コチラをクリック!

 

気候・風土に合った家づくりとは?

住所
岐阜県高山市下切町250番地
電話番号
0577-36-1134
URL
ギフラボのクーポン
  • 美容

    「考える」ことでココロとカラダを鍛える ピラティススタジオイニシエイト

    心を落ち着かせることの重要性・・・

    wpmaster 2018年7月19日

  • 医療

    自身の頭痛と肩こりが開業のきっかけ。患者さんの痛みを和らげより健康に向かう体づくりへ。とまと整骨院

    ヒアリングとコミュニケーションを大事にして患者さんの痛みを逃さない、日々、患者さんの痛みと向き合う整骨院です。

    wpmaster 2018年7月19日

  • 美容

    昨日とは一味違った「カッコよさ」はパラダイスバーバー

    髪型も仕事の疲れもスッキリできる「楽園」へ…

    wpmaster 2018年7月17日

  • 住宅・設備

    一級建築士が造り上げる心温まる木造の家SAN設計室

    今年10周年を迎える中津川の設計室

    wpmaster 2018年7月17日

  • グルメ

    和風の外装とは対照的なヨーロピアンな空間で頂くフレンチ。ビストロデコラソン

    こだわりのフランス料理に舌鼓。フレンチならではのコース料理に、美味しいワインも頂けます。

    wpmaster 2018年7月17日

  • 株式会社ヨネス産商
  • 株式会社ヨネス産商
  • WEB制作のプロ集団T-labo

ページの先頭へ