gifu-labo.comは岐阜の魅力的な情報を発信する、岐阜限定の情報発信サイトです

「お客様への丁寧な配慮」と「行き届いたサービスが味わえる」株式会社 柳生産業

2018/04/05

  • ピックアップ

「お客様への丁寧な配慮」と「行き届いたサービスが味わえる」株式会社 柳生産業

仕事に対する”情熱”やお客様に対する”配慮”が行き届く会社、株式会社 柳生産業さんにインタビューさせていただきました。

  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • slide01
  • thumb00
  • thumb01
  • thumb02
  • thumb03

—–岐阜の魅力ある会社をご紹介!あなたにもっと岐阜を好きになってほしいから。岐阜の魅力を研究・発信する会社岐阜ラボ! —–

 

みなさんこんにちは!

岐阜ラボライターのyukarinです。

 

今回は可児市にある「株式会社 柳生産業」さんにインタビューさせていただきました!

 

「株式会社柳生産業」さんは解体業を中心とし、あらゆる事業を通して活動をされており今年で10年目になる会社さんです。

 

ーどのような活動をされているのかお伺いしました。

「創業する前はもともと代表様は解体業に携わってきました。会社としてのスタートは平成20年の時からになりますので10年目になります。従業員の作業着には「柳生グループ」という文字を入れているのですが、それは解体業以外にも様々な活動ができたらいいな、という想いからです。解体業以外にやっているのは収集運搬業務です。例えば、リフォームのお手伝いや解体をする時に必ずといって良いほどに出るのが「産業廃棄物」。その産業廃棄物が出た時の為に、取引先に声をかけていつもコンテナを置いてもらうのです。そうすることによって、その時に出た産業廃棄物を回収し中間処理、最終処分場まで産業廃棄物を責任持って運搬します。なので解体業も行いながら収集運搬も一貫して出来てしまうのです。こうしたことからもっと効率の良い処分方法がないのか、より環境負担の少ない方法はないのか、処分費を今より抑えることができないかなど、お客様にあったより良い方法をご提案しています。だからこそ、産業廃棄物の処理には詳しいんです。」

 

また会社の雰囲気についての話を聞いていたところ、柳生産業は“とても和気あいあい”としていますよとまず一言。その理由とは・・・

現従業員は11名、そのうち現場が6名で、柳生産業の代表様は特別な会社づくりをされてました。

それはそれぞれの従業員の家族を交えながら休日はバーベキューをしたり、仕事が終わってからもみんなで一緒にご飯を食べに行ったりしているそうです。

「同じ釜のメシを食う」という言葉が似つかわしく、みんなが仲良く賑やかな場面がイメージできました。そのほかにも柳生産業さんは独自のイベントが多数あり、会社の雰囲気は話を聞くだけでも、聞いている私も納得するほどでした。

 

ー柳生産業さんの強み、こだわりについてお伺いしました。

「解体業ってどうしても汚いイメージがあるんですが、少しでもそのイメージを覆すべくトラックや車、道具、作業着に到るまでを全てピカピカにしてお客様のところにお伺いしています。ピカピカという表現は言い過ぎではないかと思われるかもしれませんが、決して言い過ぎではなく、このピカピカという表現が柳生産業さんにふさわしい言葉でした。代表様が綺麗好きということもあり、例を挙げるなら車は月1回のメンテナンスが当たり前です。代表様だけじゃなく常に従業員一同で徹底的綺麗にすること意識して解体業を行っています。」

 

解体業と聞くと確かに汚れたりするイメージがありますが、綺麗な状態が初対面だったら印象が全然違うと思います。そんなところがお客様想いの人たちなんだとインタビューを通じて、改めて感じました。

 

ー仕事をする上で大切にしていることをお伺いしました。

「住宅を買う時に家を解体しますが、解体前の事前説明は丁寧にしています。解体という作業は一生に1度あるかないかのイベントなので、お客様はどんな風か全くわからない状態です。電気が止まったり、水道が止まったりするので、いつも当たり前に生活していることが突然止まったら不安じゃないですか。だからそういったことをしっかり説明しておくことは、お客様の不安を取り除いてあげられます。」

 

ー最後に仕事を通して気づいたこと、学んだことについてお伺いしました。

「お客様一人ひとりにそれぞれ想いれがあるってことです。“家を解体する=ただ家を壊す”と私たちは思ってしまいますが、実際にお客様にとってはひとつひとつが思い出なんです。物に対しての思い入れがありますよね。だからそういうところに、おもりやりを持たないとできない仕事だと感じました。さきほどもお話したように、解体自体がお客様にとってみれば一生に一度あるかないかの一大イベントです。だからこそ、その1回・1回を大切に作業したいと思っています。仕事柄リピーターはほぼないんですが、以前解体したことのあるお客様からの紹介で、そのお客様の身内の方がやって欲しいと言われたこともあります。そういう時はさすがに嬉しくなりますね」

 

柳生産業さんの話を聞いていてまず感じたのは、仕事に対する情熱やお客様に対する配慮がとても行き届いている会社だなと思いました。

解体業の世間的なイメージが「恐い人」「汚い」「騒音」などあまりいいイメージがありません。けれどそのイメージを少しでも払拭しようと、綺麗な格好や道具を使って作業したり、本当に丁寧に仕事や人と向き合っているのです。柳生産業さんの素敵な部分を垣間見れていて、私は驚いたと同時に、嬉しい気持ちになりました。10年間愛され続ける理由がほんの少し分かった気がしました。

 

もしもこれから家建てる前に、解体したりする機会があれば、可児市にある柳生産業さんのことを思い出してみてください。

とても丁寧でお客様に対する配慮と、行き届いたサービスを味わえるはずです。

 

この岐阜ラボを制作しているのは岐阜で「T-labo」という会社を運営している、Webのプロフェッショナル集団です。

T-laboが提案するのは「売り上げが上がる!」ホームページ。ただ綺麗だけのホームページではありません。

 

集客でお悩みのオーナーの皆さま、実績のある「T-labo」に依頼してみませんか?

 

詳しくはこちらよりお問い合わせください。

 

—–あなたの会社も岐阜ラボに取材させていただけませんか?岐阜の魅力ある会社さんは岐阜ラボのライターがどこへでも飛んでいき取材させていただきます!—–

岐阜ラボ取材対応エリア 岐阜全域

岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、下呂市、海津市、郡上市、羽島郡、岐南町、笠松町、養老郡、養老町、不破郡、垂井町、関ケ原町、安八郡、神戸町、輪之内町、安八町、揖斐郡、揖斐川町、大野町、池田町、本巣郡、北方町、加茂郡、坂祝町、富加町、川辺町、七宗町、八百津町、白川町、東白川村、可児郡、御嵩町             

仕事に対する”情熱”やお客様に対する”配慮”が行き届く会社、株式会社 柳生産業さんにインタビューさせていただきました。

住所
可児市東帷子799-2
電話番号
0574-42-8228
URL
http://www.yagyu-sangyou.co.jp/index.html
ギフラボのクーポン
  • 住宅・設備

    個人邸から公共施設まで幅広い事業展開をされている昭和造園土木株式会社

    人と自然の暮らしをサポートする昭和造園土木株式会社さんにインタビューさせていただきました。

    高井 亮輔 2018年4月25日

  • 医療

    落ち着いた空間で”心”も”体”も軽くなる、鍼灸院ひかり

    一人一人にきちんと向き合う治療システムとは?

    高井 亮輔 2018年4月25日

  • スクール

    ”人生の特別な出来事”をより印象的に、より魅力的に!スクール&サロン アート・クラップ

    本格的なマタニティフォトが楽しめるお店、スクール&サロン アート・クラップさんにインタビューしました。

    wpmaster 2018年4月20日

  • 住宅・設備

    お客様に”信用してもらうこと”を大切に考えている株式会社大鹿造園土木

    日本の古来からの文化である、“和風の庭木”をもっと楽しめる時代

    高井 亮輔 2018年4月16日

  • 住宅・設備

    既成概念にとらわれない“遊び”と“こだわり”の両面を備えた家づくり、玉田建設株式会社

    おしゃれでかっこよく、まるで自分の家がインスタ映えするような家づくりとは?

    wpmaster 2018年4月13日

  • 株式会社ヨネス産商
  • 株式会社ヨネス産商
  • WEB制作のプロ集団T-labo

ページの先頭へ